当サイトについて

血糖値の病気の症状、治療、予防法や改善方法まで、
血糖値の病気の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。


続きを読む →

SGLT2阻害薬とスルホニル尿素(SU)薬

SGLT2阻害薬

どんな働きをするの?

  • SGLT2阻害薬は、尿中に糖を排出し血糖を下げる薬です。

気を付けること

    • 尿の回数や量が増えることがあります。
    • 尿の回数が増えることで、脱水症状を引き起こすことがあります。
    • 路感染や性器感染をおこすことがあります。


どんな人に用いられる?

  • 食事・運動療法を行っても十分な血糖コントロールが得られない方、肥満傾向の方などに用いられることが多いです。

血糖コントロールがうまくいかないとき

  • 食事療法・運動療法がきちんとできていますか?
    →コントロール不良の一番の原因です。再度、自分のライフスタイルを振り返ってしてみましょう。場合によっては、他の薬剤の併用が考慮されます。
  • きちんと指示通りに薬剤を服薬していますか?
    →飲み忘れや、時間通りに服薬できないことがありませんでしたか?もし、今の薬剤の服薬スケジュールとライフスタイルが今までと変わるなどして、服薬のタ イミングがうまく合わせられなくなってきたら、ライフスタイルにあった服薬方法に変更したり、他の薬剤への変更も考慮されますので医師に相談するようにし ましょう。

 

スルホニル尿素(SU)薬

どんな働きをするの?

健康な人は、血液中に常に少量のインスリンが分泌(基礎分泌)されています。そして食後に血糖が上昇すると大量のインスリンを分泌(追加分泌)する ことで、血液中のブドウ糖の量が一定に保たれるように血糖の調整が行われています。2型糖尿病には、インスリンを分泌する働きが弱まって分泌量が少なくな るため、血液中のブドウ糖が処理できずにだぶついた状態(高血糖)のタイプと、インスリンのきき方が悪くなって血液中のブドウ糖が処理できずにだぶついた 状態のタイプがあります。SU薬は、インスリンの分泌する働きが弱まったタイプに効果があります。すい臓のランゲルハンス島という組織にあるインスリンを 分泌するβ細胞に直接働きかけて分泌を促進し(インスリン分泌刺激作用)、基礎分泌、追加分泌の「量」を増加させることで血糖を下げます。インスリン分泌 は持続的に促がされます。


どんな人に用いられる?

BMIが低め(肥満でない人)で、食事療法・運動療法がきちんとできているのにインスリン基礎分泌量は少ないまま改善せず、空腹時血糖値が高い人な どに用います。すい臓でインスリンを分泌できでも、その分泌量が少ないために良好な血糖コントロールができない場合に、インスリンの分泌を補う目的で用い られます。


薬剤の種類は?

作用する時間やその働きの強さなどによりいくつかの種類があります。
薬剤は、医師が患者さんの糖尿病の状態をみながら、薬剤の働き(作用特性)を照らし合わせて最も適切なものを選択しています。


この薬剤を使う際に気をつけること・知っておきたいこと

1
SU薬を使う際には、食事療法・運動療法がきちんとできていることが特に重要となります。
食事療法・運動療法がきちんとできていなくても、SU薬の使い始めは血糖コントロールが改善します。しかし、長期になると過食や運動療法の不徹底から肥満 が進んでしまい、その結果として血糖コントロールは再び不良となり、さらなる薬の増量や追加といった悪循環に陥ることがあります。
SU薬の服薬できちんと血糖コントロールができても、食事療法・運動療法は変わらずにきちんと続けていくことがとても大切なのです。
2
食事療法・運動療法がきちんとできていても次第にSU薬の効果が弱まってくることがあります。
これを二次無効といいますが、長期にわたって高血糖状態が継続すると、β細胞の働きが弱ってしまい、インスリンを分泌する働きが低下すると考えられています。
この場合は、他の薬剤への切り替えや他の薬剤との併用、またはインスリン療法への変更が考慮されます。
3
血糖コントロールが改善してくると、食前または食事時間がいつもの時間とずれたときに低血糖が起こることがあります。また、腎機能や肝機能が低下した方や、高齢の方では低血糖が起こりやすくなります。
SU薬はβ細胞のインスリンの分泌の働きに直接作用したり、血糖を下げる力が強いため、比較的低血糖が起きやすくなっています。ただし、低血糖について知り、また低血糖になったときの対処法を心得ておけば心配はありません。

低血糖の対処法
4
食事療法がきちんとできないときや、またはSU薬によるインスリンの過剰な分泌によっても体重が増加しやすくなります。
SU薬のなかでも、グリメピリドはインスリンの分泌を刺激する働きが他のSU薬に比べて弱いため、インスリンの過剰な分泌による体重増加は起こりにくいと されます。そのため肥満の患者さんでどうしてもSU薬が必要な場合にはグリメピリドが選択されることが多いようです。インスリン分泌を刺激する働きが弱く ても、同時にすい臓以外への作用(末梢の筋肉でのブドウ糖利用の促進や、肝臓でのブドウ糖産生抑制など)もありますので、血糖を降下させる働きは他のSU 薬とほぼ同じですので、肥満の患者さんにとっても使いやすい薬剤とされています。

血糖コントロールが上手くいかないとき

  • 食事療法・運動療法がきちんとできていますか?
    →コントロール不良の一番の原因です。再度、自分のライフスタイルを振り返ってしてみましょう。場合によっては、他の薬剤の併用が考慮されます。
  • きちんと指示通りに薬剤を服薬していますか?
    →飲み忘れや、時間通りに服薬できないことがありませんでしたか?もし、今の薬剤の服薬スケジュールとライフスタイルが今までと変わるなどして、服薬のタ イミングがうまく合わせられなくなってきたら、ライフスタイルにあった服薬方法に変更したり、他の薬剤への変更も考慮されますので医師に相談するようにし ましょう。
  • 他科や他院でステロイド薬、抗甲状腺薬などのインスリンへの反応(感受性)を低下させる薬剤を処方されていませんか?
    →糖尿病の治療で服薬している薬剤以外にも、何か服薬している薬剤があれば医師に伝えることが大切です。それぞれの薬剤の作用が影響し合って十分な効果が得られないことがあります。これらの薬剤が投与されている場合は一時的にインスリン療法に切り替えることがあります。
  • アルコールを飲みすぎていませんか?
    →アルコールの飲みすぎは、低血糖の原因やインスリンが十分に働かなくなる(インスリン抵抗性)の原因になったりします。血糖コントロールが改善するまでは禁酒することが大切ですので、お酒を控えましょう。
  • 慢性の感染症や悪性腫瘍がある場合には、血糖コントロールが悪化することがあります。
  • 糖尿病以外の病気が発症または悪化していることが考えられますので、定期的なチェックを受けるようにしましょう。

 

出典:DM TOWN