当サイトについて

血糖値の病気の症状、治療、予防法や改善方法まで、
血糖値の病気の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。


続きを読む →

血糖値が高いとどうなる?

私たちは、食事を通して、さまざまな栄養素を摂取しています。体の活動に不可欠な糖質(炭水化物)はごはんやパン、果物やお菓子などから摂取しています。 食事で摂取した“炭水化物”は、身体内でブドウ糖になり、日々活動するための燃料として、血液中に送られ、細胞内でエネルギーとして利用されます。その時 に、血液中にあるブドウ糖(血糖)を全身の細胞に取り込ませたり脂肪や筋肉などに蓄えたりする働きをするのがインスリンです。

しかし、糖尿病の患者さんではインスリンの量が少なくなるか、その働きが悪くなり(もしくはその両方)、血糖を上手く細胞へと取り込むことができずに、血糖値が高い状態(高血糖状態)が続きます。
高血糖が長期間続くと、全身の血管がダメージを受け続け、様々な合併症を引き起こす原因になります。

高血糖が持続すると、細い血管(細小血管)が障害され、やがて網膜症や腎症が起こります。また、同時に末梢神経にも影響を及ぼし、足の壊疽(えそ)などの原因にもなります。
また、より太い血管(大血管)でも、ダメージを受けた血管の壁が硬く変化して、血管内が細くなったり、つまったりを起こす動脈硬化の原因となります。動脈 硬化が進行すると血管がつまり、「狭心症」や「心筋梗塞」、「脳梗塞」、「下肢閉塞性動脈硬化症」が起こります。動脈硬化は、高血圧や脂質異常症といった 他の生活習慣病との相互作用によって、更にその危険性が増加するといわれています。現在、高血圧や脂質異常症などの治療のために通院している方は、特に、 注意が必要です。

 

出典:Sanofi