当サイトについて

血糖値の病気の症状、治療、予防法や改善方法まで、
血糖値の病気の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。


続きを読む →

高血糖による病気

血糖値が上がることで起こりうる病気や体調不良

血糖値とは、血液中に含まれるブドウ糖の濃度のことを指します。血糖値が高いと心配されるのが糖尿病です。糖尿病は、予備軍を含めると中高年の4人から5 人に1人が患っていると言われています。この割合からも分かるように、糖尿病は日本の国民病と言えるでしょう。糖尿病は決して他人事ではありません。糖尿 病と高血糖の自覚症状をご紹介します。

高血糖によって引き起こされる病気

高血糖によって引き起こされる病気の代表とも言えるのが糖尿病です。糖尿病は、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが不足している状態です。そのた め、血糖値が慢性的に高いことが大きな特徴となります。糖尿病は1型と2型に分けられており、患者の約95%が1型の糖尿病です。
糖尿病は、神経や目、腎臓などに合併症を起こす危険性があることでも知られており、これらは「3大合併症」とも呼ばれます。その他にも動脈硬化を合併しやすくなるという特徴もあります。

・糖尿病神経障害
神経に現れる合併症です。症状は主に手足のしびれとして現れます。左右対称に症状が出ることが特徴です。

・糖尿病網膜症
目に起こる合併症です。高血糖の影響で目の中にある網膜の機能が低下していきます。最悪の場合失明に至る危険な疾患です。

・糖尿病腎症
高血糖により腎臓の機能が低下してしまう合併症です。腎臓は血液から老廃物を取り出し、尿として排出する働きをしています。その機能を失った場合、人工透析を行い尿毒症を防ぐ必要があります。

・動脈硬化(脳卒中・心臓病)
高血糖が原因で動脈が硬くなってしまい、動脈硬化を発症する恐れがあります。動脈硬化が進行すると、死亡率の高い脳卒中や心臓病を発症しやすくなります。

高血糖の自覚症状

高血糖は、放置すると糖尿病を引き起こします。そのため、高血糖の自覚症状は糖尿病の自覚症状でもあるのです。高血糖の自覚症状は以下の通りです。

・喉が異常に渇くため、大量に水を飲む
・夜中に何度もトイレに行く
・尿の量が多い
・疲れやすくなり、常に倦怠感がある
・いくら食べても体重が減少する

このような自覚症状は、高血糖が進行した状態で現れるものです。高血糖は、初期の段階では自覚症状がないことがほとんどで、「気付かないうちに糖尿病に なっていた」という人がかなり多くおられます。中には、糖尿病による合併症がきっかけで糖尿病に気付く人もいます。発見が遅れないためにも、定期的な検診 は受けておいた方が良いでしょう。

 

出典:高い血糖値を下げる方法