当サイトについて

血糖値の病気の症状、治療、予防法や改善方法まで、
血糖値の病気の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。


続きを読む →

歯周病と糖尿病の治療

 

一見なんの関係性も無いように思えるこの2つの病気。実はとても密接な関係性があることが解っています。この病気は2つとも初期では症状がほとんど ありませんので、気が付かないうちに罹っている人も多いのではないでしょうか?今回はこの2つの病気の治療法と改善方法について説明していきます。

 

この2つの病気にはどんな関係性があるの?

この2つの病気はどちらも生活習慣が原因で起こることが多く、糖尿病は歯周病の危険因子の1つになっています。反対に歯周病は糖尿病の第6番目の合 併症に上げられており、歯周病をコントロールすると糖尿病のコントロールが改善する可能性が示されております。この2つの病気に関する詳細については「知っていますか?歯周病と糖尿病!2つの病気の関係性」を参照してください。

 

 

歯周病はどうやって治すの?

歯7

歯周治療は大きく分けて歯周基本治療、歯周外科治療、口腔機能回復治療、メインテナンスの4つに分かれます。

 

<歯周病が初期の場合>

歯周基本治療は歯ブラシの状態の改善や歯石取りなどで初期の歯周病の患者さんはこの治療を行う事で状態が改善することがほとんどです。

 

<歯周病が中程度進行した場合>

歯周病が中程度に進行してしまうと、歯周基本治療に加えて歯周外科治療が必要となります。歯周外科治療では歯ぐきに切開を加えて骨の整形を行ったり、歯周組織の再生手術などを行ったりします。さらに進行した歯周病では口腔機能回復治療が必要になります。

 

<歯周病が重度の場合>

重度の歯周病で歯の抜歯が必要になったり、歯の位置が移動してしまったりしていることが多いため、矯正治療やかぶせ物の治療、入れ歯やインプラントなどの治療を行っていきます。

 

<メインテナンス>

どの治療を行った後も最終的に歯周病治療はメインテナンスに移行していきます。歯周病は再発も非常に多い病気ですので定期的なメインテナンスを行う事を心がけましょう。

 

 

糖尿病の治療はどんなもの?

運動療法

糖尿病の治療には食事療法、運動療法、薬物療法の3つがあります。そしてこの3つの治療を組み合わせて血糖値を正常にコントロールしていくことが目的となります。

 

<食事療法>

食事療法では適正なエネルギー量を守ることでオーバーウエイトになることを防ぎます。1日3食の規則正しい食生活を行い、腹八分目を心がけ、バランスの良い食事を糖尿病予防の食品交換表などを参考にしていきます。

 

<運動療法>

それに加え適度な運動を行う事が必要となります。運動不足はインスリンの働きを悪くしてしまいますのでウォーキングなどの激し過ぎない運動を行います。

 

<薬物療法>

薬物療法は食事療法や運動療法でも血糖値が下がらない場合に用いられます。これには経口薬を使う方法とインスリン注射を行う方法の2つに分かれてい ます。さらに経口薬にも筋肉に働くタイプと肝臓に働くタイプ、膵臓に働くタイプ、腸に働くタイプなどさまざまなタイプがあります。

 

 

糖尿病のコントロールのために家で出来る歯周病ケア

自宅

歯周病をコントロールすることで糖尿病もコントロールされることが示唆されています。ここでは家で出来る歯周病のケア方法をご説明します。

 

①プラークを取り除くための歯磨きと洗口を行う

歯周病の原因は細菌性プラークですのでまずはこれを確実に取り除きましょう。すなわちしっかりと歯磨きを行う事がとても重要になります。さらに歯周病予防用の歯磨剤を使うことをお勧めします。そして歯磨きの後は歯周病予防用の洗口剤を用いてうがいをしてください。

 

②禁煙をする

また歯周病を予防するために重要なことに禁煙があります。喫煙は歯周病を重篤化させる原因になります。

 

③食事はゆっくりよく噛む

食事中は良く咬むことを心がけてください。早食いは肥満に繋がりますので糖尿病にも天敵です。

 

④ストレスをためない

ストレスを溜めない事も重要になりますので日々の仕事や生活でリラックスを心がけましょう。

 

最後に

生活習慣病の改善は皆さんの心がけがとても重要になります。そして生活習慣の改善を行う事で様々な病気の予防にもつながります。歯周病や糖尿病だけのコントロールではなく体全体の改善にもつながりますので頑張ってみてください。

 

出典:Mediwill