当サイトについて

血糖値の病気の症状、治療、予防法や改善方法まで、
血糖値の病気の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。


続きを読む →

高血糖対策の落とし穴

 

高血糖状態が続くと、およそ10年もの月日をかけて腎臓機能が低下していく。自覚症状がないだけに、気づいたときには腎不全の一歩手前ということも珍しく はない。この頃になると、糖尿病だけではなく、全身の病気のリスクも上昇するという。早期の段階での改善が大切といえる。

【自己流の落とし穴】

会社の健診で「高血糖」といわれた50代のAさんは、若い頃から血糖値が高めだった。「糖尿病になるのはイヤだ」と思い、食生活の見直しに取り組むと、血糖値は正常まで下がる。すると安心して、また食生活が元に戻る。その繰り返しだった。

ところが近頃、食生活を見直しても、高血糖値はなかなか改善されず、血圧も高くなってきた。健診で「メタボリックシンドローム」と判定され、ようやく受診 することに。すると、「高血糖で腎機能が低下し始めている」といわれ愕然(がくぜん)とした。全く自覚症状がないまま、進行していたのである。

腎症の治療と研究に長年取り組む千葉大学医学部附属病院糖尿病・代謝・内分泌内科の竹本稔准教授が警鐘を鳴らす。

「自己流でコントロールの悪い状態が続くと、体内では高血糖の悪影響を受け続けることになります。腎臓の濾過(ろか)機能である糸球体(しきゅうたい) が、高血糖で広範囲に硬くなってしまうと、それを元に戻す薬は今のところありません。だからこそ腎機能が著しく低下する前に、自己流ではなく、医師主導の 生活習慣の見直しや適切な治療が重要といえるのです」

【認知症やがんも】

生活習 慣による2型糖尿病は、早期の段階であれば、食生活の見直しだけで血糖値を正常値に戻すことは可能。しかし、先のAさんのように、正常値に油断して食生活 が再び乱れると元の黙阿弥。高血糖状態がジワジワと身体にダメージを与え、高血圧や腎機能低下だけでなく、さまざまな病気に結びつくという。

「糖尿病は、神経障害や網膜症、腎症といった3大合併症だけでなく、心筋梗塞などの大血管病に結びつく。さらには、認知症やがんなどの病気と関連が強いこ とがわかっています。いわば全身病を引き起こすのです(別表参照)。そのため、私たちは、数多くの臓器専門の内科医や外科医、管理栄養士、看護師などと チーム医療で一丸となって治療を行っています。しかし、合併症が生じる前に、血糖値の管理などの重要性をより多くの方に知っていただきたいと思います」 (竹本准教授)

糖尿病性腎症には、いまだ特効薬がないだけに、厚労省も「糖尿病性腎症等重症化予防事業」に力を入れている。ただし、腎症だけでなく、さまざまな病気に結びつくのが、糖尿病の特徴でもある。それを回避するには、わずかな健診数値の異常も見逃さないことが大切。

「少しの異常だから大丈夫ではなく、それは体内に異変が起きているサインです。ぜひ適切な健康管理のきっかけにしてみてください」と竹本准教授は話す。

 

出典:ZAKZAK