当サイトについて

血糖値の病気の症状、治療、予防法や改善方法まで、
血糖値の病気の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。


続きを読む →

克服のためには「正しい筋トレ」

筋肉量が増加すれば血糖も下がる

そして筋肉量が増加すると血糖が低下します。
なぜならブドウ糖は筋肉で消費される量が多いからです。
よって筋肉質の人と脂肪体質の人では同じ運動でも血糖を下げる効果は異なってくるのです。
『運動してんねんけどな~血糖が下がらん』とお嘆きの方は筋肉量アップを目指しましょう!

悪玉コレステロール対策に効果的な筋トレとは?

悪玉コレステロールが高い方にオススメなのは上腕の筋トレです。

なぜ上腕を鍛えるのか?
その理由は成長ホルモンが分泌されるからです。
成長ホルモンは成長期にだけでなく、
年齢には関係なく分泌すると言われています。

ホルモンというのは身体を恒常的に維持する上で
欠かすことの出来ないタンパク質です。
甲状腺ホルモンや副腎皮質ホルモンなどどいった名前を聞いたことがあるでしょう。

しかし、これらのホルモンは増やそうと思って増やせるものではありません。
ましてや男性ホルモンや女性ホルモンなどといった性ホルモンは
厄年をこえたあたりから減少の一途です。
いわゆる更年期ですね。

しかし、成長ホルモンは唯一努力で分泌可能なのです。
このホルモンの原料こそがコレステロールなのです。
ということはホルモン分泌を増やせば悪玉コレステロールは必然的に減少します。

かくいう私も一時はスタチンと呼ばれるコレステロールの薬を
数ヶ月飲みましたが、これではイケないと一念発起して加圧ジムで
上腕筋力トレーニングを開始し、5ヶ月で薬の不要なコレステロール値に改善しました。

家でもできる筋トレ方法

家でも上腕筋トレは出来ます!
それはダンベルです。これなら座ったままテレビを見ながらでも出来ます。
ただし筋肉痛が出るくらい重いダンベルを使用しましょう。そして徐々に1セットの回数を増やし、
さらにセット回数も増やしていきましょう。
成長ホルモンは特に夜間を中心に、
48時間は分泌していると言われているので、
隔日の夜にやるだけでも良いですよ!

筋肉量が増えれば良いことだらけ!

日本医師会認定スポーツ医講習会でも
こういったレジスタンス運動が推奨されています。
ただし喫煙者は運動の効果が
コレステロール値改善に反映されにくいのでまず禁煙を!そして体重が減少すればおのずと
脂肪肝による肝機能障害や
中性脂肪・尿酸なども改善することでしょう。

ほら、薬からオサラバできたし、
健診で要治療や要再検でひっかからなくなったでしょ!?

何より筋肉質になれば見た目も締まり、
できるヤツと思ってもらえるじゃないですか!

もっと日常的なアドバイスをするなら・・
電車の中では座らない・エレベーターやエスカレーターは使用しない!です。
電車・階段は関節を屈曲・伸展させることできる
せっかくのチャンスと捉えて下さい。
ここぞとばかりに関節を動かし、筋膜もしっかり伸ばしましょう。

出典:本町 林クリニック