当サイトについて

血糖値の病気の症状、治療、予防法や改善方法まで、
血糖値の病気の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。


続きを読む →
記事一覧

お茶で糖尿病を予防する

 

糖尿病にかかると、失明など恐ろしい合併症のリスクにさらされてしまいます。そんな恐ろしい病気を引き起こす糖尿病には、絶対にかかりたくありませ んよね。でも、糖尿病予防に効果的なお茶がある事をご存知でしょうか?今回は、糖尿病予防効果のあるお茶を一覧でご紹介します。

続きを読む

夜間高血糖を防ぐ睡眠法

夜間高血糖の原因ってなに?

夜間高血糖の原因の1つと言われているのが睡眠時間です。みんなの家庭の医学では、いつもより1時間遅く就寝した際の血糖値の変化を実験していました。

すると40歳男女2名は87mg/dl→89mg/dl、87mg/dl→97mg/dlといずれも血糖値が上昇する結果となりました。つまり短い睡眠をするのが夜間高血糖の原因と言えるのです。
続きを読む

歯周病と糖尿病の治療

 

一見なんの関係性も無いように思えるこの2つの病気。実はとても密接な関係性があることが解っています。この病気は2つとも初期では症状がほとんど ありませんので、気が付かないうちに罹っている人も多いのではないでしょうか?今回はこの2つの病気の治療法と改善方法について説明していきます。
続きを読む

糖尿病に効くヨガのポーズ

糖尿病に効くヨガのポーズ

– 筋肉を鍛え、血流を改善 –

暑さが厳しくなると熱中症が心配。しっかり水分補給することも大切ですが、ついつい甘い清涼飲料水を飲んでいませんか?最近は清涼飲料水の摂りすぎで子どもが糖尿病を発症してしまう例も増えているようです。
血糖値が不安定になりがちな糖尿病(2型)の方は、何らかの方法で筋肉を鍛えることによって、血流のグルコースが急激に上昇しないよう(より安定的に供給 するように)促すことが大切です。また、ストレスから来る過食を減らすことで血糖値の上昇を抑えることも重要です。食事を制限されることは日常生活の中で の楽しみを奪われるように感じる患者さんも少なくないので、ヨガやマッサージをする、お笑いや落語を楽しむ、山歩きやカラオケ、社会奉仕など、会食を伴わ なくとも充実感を得られる時間を積極的に持つようにすることもストレス軽減に役立つでしょう。
今回は筋肉を鍛え、血流をよくすることで、糖尿病の症状を和らげ、合併症を予防するヨガのポーズを2つご紹介します。

続きを読む

血糖値を下げる栄養成分と食べ物

糖尿病の大きな原因である高血糖は、食事によって予防することができます。高血糖を放置すると糖尿病を引き起こすため、早い段階で食生活の見直しを行いま しょう。血糖値を下げる栄養成分には、パナキサトリオール、サポニン、ダスデス、ピニトール、食物繊維、ミネラルなどが挙げられます。それぞれの効果につ いてまとめました。また、併せて血糖値を下げる食品も紹介します。 続きを読む

高血糖による病気

血糖値が上がることで起こりうる病気や体調不良

血糖値とは、血液中に含まれるブドウ糖の濃度のことを指します。血糖値が高いと心配されるのが糖尿病です。糖尿病は、予備軍を含めると中高年の4人から5 人に1人が患っていると言われています。この割合からも分かるように、糖尿病は日本の国民病と言えるでしょう。糖尿病は決して他人事ではありません。糖尿 病と高血糖の自覚症状をご紹介します。

高血糖によって引き起こされる病気

続きを読む

糖尿病の食事療法

糖尿病の食事療法は特別な制限の多い食事ではありません。健康で長生きするためのバランスの良い健康食ともいわれています。特別に食べてはいけないものはなく、食べすぎを避け、規則正しく、バランスよく食べることが重要です。
主治医から指示される摂取エネルギー量を守れるよう、食品や料理のエネルギーの目安を覚えましょう。
また、合併症がある場合は、他の注意事項が加わる可能性がありますので、医師の指示に従いましょう。

続きを読む

インスリン注射で血糖値を下げる

インスリンは、すい臓から出る体内ホルモンの一つで、血糖値を下げる働きをするほぼ唯一のホルモンです。インス リンは、すい臓のランゲルハンス島という組織にあるβ細胞でつくられています。食事によって血糖値が上がると、すい臓のβ細胞がこの動きをすばやくキャッ チして、すぐにインスリンを分泌します。血糖が全身の臓器にとどくと、インスリンの働きによって臓器は血糖をとり込んでエネルギーとして利用したり蓄えた り、さらにタンパク質の合成や細胞の増殖を促したりします。こうして、食後に増加した血糖はインスリンによって速やかに処理され一定量に保たれます。
糖尿病は、すい臓から出るインスリンが減少するか、またはインスリンの働きが悪くなって、血糖値を下げられなくなった状態(高血糖状態)が続く病気です。 続きを読む

血糖値が高いとどうなる?

私たちは、食事を通して、さまざまな栄養素を摂取しています。体の活動に不可欠な糖質(炭水化物)はごはんやパン、果物やお菓子などから摂取しています。 食事で摂取した“炭水化物”は、身体内でブドウ糖になり、日々活動するための燃料として、血液中に送られ、細胞内でエネルギーとして利用されます。その時 に、血液中にあるブドウ糖(血糖)を全身の細胞に取り込ませたり脂肪や筋肉などに蓄えたりする働きをするのがインスリンです。 続きを読む

筋トレで血糖値を改善

筋肉と2型糖尿病

Vol.114 家庭での「筋トレ」で血糖値を改善 外で運動をしたくても、天気の悪い日や寒さ暑さの厳しいときには、できないことも少なくありません。そんな日が続くと、どうしても運動不足気味に。そういうときは、家庭で簡単にできる「筋トレ(筋肉トレーニング)」に挑戦してみませんか。
筋トレは運動不足の解消に役立つだけでなく、血糖値を改善し、2型糖尿病の予防にも効果があることがわかってきました。 続きを読む